Blog

「はままつのユニバーサル農業・京丸園」

先日お知らせした「雇用フォーラム」では、
京丸園株式会社の鈴木厚志社長から報告がありました。
京丸園では「90歳まで働ける農場を創る」ことを目指しており、
現在16歳から83歳までの幅広い年代の方が
働いているのと事です。
「障害者か働ける職場は高齢者も働ける職場」ということで
積極的に障害を持っている方を雇用し、
従業員の4分の1以上が何らかの障害を抱えているそうです。
障害者雇用を始めたきっかけ、特別支援学校の先生に叱られたこと、
「工夫し変わるべきは障害者の方ではなく、社会の側」など、
経営者としての意識の高さと人間としての器量の大きさを感じました。
鈴木社長は問いかけます。
「障害者の方が働こうとすると支援者など周りが頭を下げる。
福祉はいつまで頭を下げるのですか」。
「彼、彼女たちの力を借りたらこうよくなる、と支援者側が提案できれば
福祉も企業も変わる。時代も変わる」と。
支援者として自分らの専門性はいかはどのものか。
問われているのは私たち。
「日々振り返り、自分達の支援者としての質を高めていきたい」
素直にそう思える有意義な時間でした。
この機会を与えてくれた皆さんに感謝。

伊波

会社情報

事業所名
一般社団法人うちなーからはーい
読谷からはーい
(旧:読谷工房JIJI)
所在地
〒904-0316 沖縄県中頭郡読谷村大木124-5
TEL
098-923-3614
FAX
098-923-3615